口唇ヘルペス口唇ヘルペス

こんなお悩みありませんか?こんなお悩みありませんか?

  • 唇付近に、赤い水ぶくれができて痛い。
  • 過去に口唇ヘルペスを患った。
  • 体の一方に、帯状の小さな赤い斑点ができた。
  • 体にできた帯状の斑点がピリピリと痛む。

こんなお悩みありませんか?

口唇ヘルペス、帯状疱疹の症状と種類

口唇ヘルペスと帯状疱疹は一緒に語られることも多いですが、違う病気ですのでここでは分けて解説していきましょう。

口唇ヘルペス

唇やそのまわりに、赤い小さな水ぶくれができる感染症です。通常は痛みを伴います。過去に感染して免疫を持っていても、再発を繰り返す厄介な病気です。特に大人になってからの口唇ヘルペスのほとんどは、再発によるものです。
ピリピリ、チクチクとした違和感で自覚症状が出て、数時間後に腫れてきます。
数日経つと腫れが大きくなり、水ぶくれになります。
再発を繰り返している人は、早い段階で口唇ヘルペスと気づくようです。

帯状疱疹

ピリピリとした痛み、それに帯状の小さな赤い斑点が点々と連なっていきます。赤い斑点は帯状に連なり、体の左右どちらか一方に現れるのが特徴です。
頭から足まで発症する可能性がありますが、大部分は上半身に出ます。
痛さはなく、かゆみを伴うこともあります。
斑点は神経に沿って現れ、激痛が続く帯状疱疹後神経痛が残る場合もあります。

原因は?

口唇ヘルペスと帯状疱疹はどちらも感染症ですが、ウイルスが異なります。口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスが原因です。
症状がなくても実は感染している人は多く、大人の半数はウイルスを保持しているとされています。すべての人が発症するわけではありませんが、男性に比べ女性の方が発症する割合が高い病気です。

  • 原因①
    ストレス
  • 原因②
    過労
  • 原因③
    加齢

一方の帯状疱疹は、水痘帯状疱疹ウイルスが原因です。 これは水疱瘡を起こすウイルスで、治った後も体内に潜伏していたウイルスが、加齢やストレス、過労などにより再発して起こります。
50歳以下だと、ストレスや過労が引き金となることが多いようです。

このようにどちらもヘルペスウイルス(水痘帯状疱疹ウイルスもヘルペスウイルスの一つです)が原因で症状も似ているため、見分けるのが難しい病気となっています。

診察と治療診察と治療

  • 治療法①
    まずは検査
  • 治療法②
    抗薬剤よる治療
  • 治療法③
    再診治療

口唇ヘルペスと帯状疱疹を自分で見分けるのはまず無理なので、症状が出たら早めに医師の診断を仰ぎます。似ているとはいえ、治療法は異なります。
どちらもウイルスに対する抗ヘルペスウイルス薬を用いますが、帯状疱疹は口唇ヘルペスの数倍の薬が必要です。また市販薬では、帯状疱疹に対応しきれないケースが多々あります。口唇ヘルペスも市販薬は初感染には使用できず、誤った使い方をすると悪化してしまいます。また妊娠中の感染には、特に注意が必要です。